FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

見積もりを取る

これまでは机上の設計作業でした。500万円ぐらいで出来ればいいなと思いを込めながら材料を何にするか、間取りをどうするか、どうやって造ろうかを決めていました。料理で言えば「レシピ」の段階ですね。料理であれば実際に調理をするのは料理人です。イタリアンのレシピなのに中華料理人を選んでは興味深い味になるかも知れませんが、食材を無駄にしてしまうかも知れません。家も同じです。施工業者さんにも得意としている分野の...

続きを読む

施工業者を探す

私の日常業務ではクライアントさんから家の設計依頼を受け、図面を仕上げた後に施工業者の選定をします。第一条件は希望通りの見積もりで建ててくださる施工業者が有難いのですが、単に建築費の安さだけでは飛びつきません。契約時に全額支払えば大幅値引きをするからといって即、施工契約もしません。中堅ハウスメーカーが次々に倒産している今日、会社の財務状況、将来性、実績などを総合的に判断した上で踏まえた上で選ぶ時代な...

続きを読む

インターネットで探す。

地元で施工業者を探すのは近所の評判や新聞の折込チラシなどである程度判断できますが、建築地が遠方で縁もゆかりも無い場合、どのようにして探せば良いのでしょうか。インターネット広告収入が新聞広告収入を越えた現在、インターネットをフル活用して探すのが一番です。私も遠方の建築地の場合はGoogleやYAHOO!などの検索エンジンを使って、キーワード検索をして施工業者の候補を見つけることにしています。「小田原 和風 ロー...

続きを読む

地元工務店

現在存在している工務店さんは侮れません。なんらかの特色を打ち出して強く生き残っているからです。500万円ぐらい住宅を実現するためには次の条件が揃った工務店さんを選ぶ予定です。・少数精鋭私は所員が5人前後の工務店さんと多くお付き合いをさせて頂いてます。工務店が健全に家を建てるには「見積もり担当」「現場担当」「経理担当」「事務担当」の4つのセクションが必要です。最低4人いれば成り立つのです。4人丁度では突発...

続きを読む

パワービルダー

パワービルダーとは自社や不動産屋さんが販売する建売住宅の建物の施工に特化した建築会社で、大量仕入れ、短縮工期による建築費の低価格を実現し、首都圏はじめ広い範囲で営業展開をしている建築会社のことを言います。最初から完成してしまっていることで購入者との間取りの打ち合わせや仕様の打ち合わせなどの細かい作業で発生するコストを省いているのが特徴です。建物完成まで購入者が介在しないシステムなので500万円住宅を...

続きを読む

ミドルビルダー

ミドルビルダーとは私が勝手に作った造語です。地元密着のパワービルダーといったところでしょうか。パワービルダーに地元でのシェアを奪われまいと立ち上がった地元の建売に主とした建築会社です。地の利を生かした情報網や実績で条件の良い土地が仕入れられることで自社の建物どんどん建て、棟数を伸ばしてコストダウンをはかっています。年間100棟越えてくれば建材メーカーに対する発言力も強くなるので、パワービルダーに迫る...

続きを読む

地元工務店さんとミドルビルダーさんにお願いしました。

500万円ぐらい住宅の見積もりは日頃、お付き合いのある地元工務店さんとミドルビルダーさんにお願いしました。二十年近くも三社見積もりをしていると毎回、勝ち残る施工業者さんは決まってくるのです。なのでこの数年はエリアごとにこれまで実績ある施工業者さんを2社程度に絞って特命で見積もりをお願いするようにしています。実績があるので設計者、施工業者間の間違いも少ない分、工期も守られ、施工業者の現場経費も低く抑えて...

続きを読む

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。