記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

法律に適合させなければいけません

家を建てるときには建築基準法や都市計画法という法律にのっとって計画を進めなければなりません。国が決めたこの建築基準法とは建物が構造的に丈夫であるか、日照や通風や換気がとれているかなど、その建物についての決め事が守られているかといった単体規定から始まり、都道府県などが決めた都市計画法にあわせた建蔽率や容積率を守られているかなどの集団規定がある法律です。市役所の都市計画課やインターネットなどで都市計画...

続きを読む

建蔽率とは

鳥になった気分で街を見下ろしたとき、おのおのの土地に対して家が何割建っているかというのが建蔽率です。建蔽率が50%であれば土地が100㎡の場合、家は50㎡まで建てられますよという意味です。↓よろしければクリックお願いします。...

続きを読む

容積率とは

2階建ての家は床が1階にも2階にもあります。合計した床面積を延床面積といいます。土地に対して延床面積が何割であるかというのが容積率です。容積率が200%であれば土地が100㎡の場合、家は1階と2階の床面積を合計した延床面積が200㎡まで建てられますよという意味です。↓よろしければクリックお願いします。...

続きを読む

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。