FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造軸組み工法(在来工法)を採用します。

土台や柱や梁という角材を組み合わせて骨組みを造る建て方です。

柱の間には「すじかい」という角材を二つや三つに割った板を斜めにいれて
地震がきても倒れないように抵抗します。

日本の大工さんの多くがこの工法で家を造っています。
日本全国どこでも500万円ぐらい住宅が建てられるようにこの工法を採用しました。
柱で構成されている「軸組み」なので柱を移動すれば台形や三角形の部屋も造れます。

空間に自由度があるので変形敷地などにも柔軟に対応することが出来、
増築やリフォームも手が加えやすいということです。
家にはその他このような工法があります。

建築工法





↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。