fc2ブログ

記事一覧

材料の歩留まりを知る。(材料は決められた長さで出来ている。)

家は小さな部品を組み上げながら出来ます。
建築中は建物の周りにネットが張られて中が良く見えないのでわかりません。
ネットが外されると突然出来上がった状態で見ることになるので
空から丸ごと運んできたような気分がして、なかなか実感が沸かないようです。

産地や工場からトラックを使い、建築地まで運んできます。
荷台に積める長さでなければいけません。
ネットが張ってあった銀色の単管足場は主に長さ2.7mと3.6mの管が使われています。
トラックの荷台に十分載ります。しかし半端な長さですね。

その昔、日本の長さの単位は「尺」で決められておりました。
1尺が約30、3cmです。2.7mを尺間法に直すと約9尺、
3.6mが12尺というように建築界ではまだ「尺」の文化が残っているのです。
間取りを決めるときに一辺が91cmのマスの集合体で出来ていることを書きました。

3尺は約91cm、家は3尺角のマスの集合体で出来ているのです。
一般的な合板のサイズは0.9m×1.8m、
「尺」に直すと3尺×6尺なので業界では「サブロクバン(板)」と呼ばれています。
一般的な部屋の天井高は2.4mです。尺に直すと8尺です。
内装の壁にはビニールクロスという壁紙が貼られていることが多いのですが、
その下地となる板には石膏の両面に紙を貼った「石膏ボード」という材料が使われています。

石膏ボードも合板同様の規格サイズが用いられます。
石膏ボードの「サブロクバン」を使い、床から縦使いにして壁に張ろうとすると
天井まで60cm足りません。足りない分はもう一枚の「サブロクバン」を60cm分切って継ぎ足します。
こうしてめでたく2.4m高さまで張ることが出来ました。

切ってしまった「サブロクバン」の残り長さは後120cm残っているので
あと2回分継ぎ足せるので余りが有効に使えるということになります。
天井高さを2.45mとか2.6mにしたら石膏ボードの使いきりサイズにはならないので余りが出てしまい、
コストアップになってしまうのです。

材料の規格寸法を考えながら余りが出ないような計画「歩留まり」を心がけます。
もっとも、最近の石膏ボードには「サブロクバン」の他に「サンパチバン」という0.9m×2.4mの板が
あるので継ぎ足しなく一発で張れます。

職人さんの切り張りする時間が短縮出来るのでコストダウンがはかられます。




↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック