fc2ブログ

記事一覧

見積もりを取る

これまでは机上の設計作業でした。
500万円ぐらいで出来ればいいなと思いを込めながら材料を何にするか、間取りをどうするか、
どうやって造ろうかを決めていました。料理で言えば「レシピ」の段階ですね。

料理であれば実際に調理をするのは料理人です。
イタリアンのレシピなのに中華料理人を選んでは興味深い味になるかも知れませんが、
食材を無駄にしてしまうかも知れません。家も同じです。

施工業者さんにも得意としている分野の建物が必ずあります。
バブル崩壊後、失われた10年を経てリーマンショックの世界同時株安、
そして東日本大震災後の消費マインドの落ち込みで多数の施工業者さんが去って行きました。

現在、生き残っている施工業者さんはそんな荒波を乗り越えてきたタフな会社ばかりです。
天然素材の家、高断熱の家、南欧風の家など特色を生かした営業展開を繰り広げています。

500万円ぐらい住宅を造るのに適した施工業者さんを見つけることが実現するための必須条件になるのです。



↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック