FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日あたり約450円の追加で毎日早く家に帰って来たくなります。

天井までのドア、引戸
永年住んでいるとこんなところまで埃が溜まっていると驚く場所があります。
ドアや引戸などの鴨居の上です。
ドアや引戸を天井まで伸ばして鴨居を無くし、掃除を楽に済ませるようにしましょう。
扉を壁と一体に見せることで空間がスッキリとする効果もあります。

トイレットペーパー置き場
トイレが綺麗だと気分もいいものです。
常に清潔でいられるように洗剤や洗浄ブラシは手洗いボール下の収納に仕舞います。
トイレットペーパーもトイレ内において置きたいものですが、
複数ロールで販売しているので持ち帰ると置き場に困るものです。
袋の一ヶ所だけを開放した状態で便器の上の棚に放置されていませんか。
友人たちが遊びに来るたびに気になってしまうものですね。

そんなときは壁の一部を床から天井までトイレットペーパーが入るくらいの凹みを造り、
トイレットペーパーを縦に並べてオブジェ風にはや代わりさせます。
壁と一体になり、見た目も美しく、
これだけを見せるために友人たちを呼びたくなってしまいます。

花を愛でるピクチャーウインド(窓形状高さ位置)
街をあるいているとどのお宅も窓の形状や取り付いている位置が
そうは変わっていないことに気がつきませんか。

建売住宅などを購入後、住んでみたら

「窓がもうすこしだけ右にずれていたら公園の緑がみえたのに」

「窓の位置がもう少し高ければ冬の日差しが入って暖かかったのに」

なんてことを耳にしたりします。
窓は決まりがあってそういうものだと思っていませんか。
窓の位置や高さは自由に変えることが出来るのです。

今回は庭に植える予定のイロハモミジを書斎机の座った位置から見えるように
机の高さに合わせて1m四方の窓を取り付けることにしました。
四季の移ろいを楽しもうと考えております。

開閉する窓は高価ですが、開閉が出来ない「はめ殺し窓」は比較的安価です。
大胆に使用することにしました。
高い天井の上の方から下に向い大きなはめ殺しまどを取り付けることにしました。
お隣さんの屋根の上から青空を眺めることが出来て、
夕食時には満月を眺めることも出来るかも知れません。
窓は建物外観で決めることが多いのですが、
今回はソファーや椅子に腰掛けたときに見える眺めを大事にしました。

対面式キッチン
パートナーとの会話が弾みます。見逃したくないテレビも観れますし、
ダイニングテーブルにノートブックを置けば料理レシピの確認もスムーズです。

機能門塀
エントランスホールのドアがオートロック式の集合住宅が人気ですね。
セキュリティーの面を考えると玄関ドア1枚の向こう側に
いきなり見知らぬ訪問者を迎えてしまうのは女性であればなんとなく恐いものです。

夜一人過ごす場合であればなおさら玄関ではなく、
その向うの門あたりでインターホンなどで対応したいものです。
この際どうせならばと機能門塀を造ることにしました。
門に門灯、表札、カメラ付きインターホン、
ポストを付けていかる訪問者も庭に入ってこられる前に対応します。

機能門扉の裏へ回り込めば外水道と排水グレーチングが備わっていて、
犬の散歩や洗車、樹木への水やりがし易くなっています。


これだけ付加価値をつけても380万円程度の追加金額で済みました。
ワンボックスカーが買えてしまうほどの高額に感じるかもしれませんが35年で割ってみるとどうでしょうか。1日あたり約450円の追加で毎日早く家に帰って来たくなるのならお得な買物だとおもいませんか



↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。