fc2ブログ

記事一覧

いよいよ始動!!

建てたい家の形と金額が決まったので建てる準備をはじめます。

建築確認申請
建築主は家を建てる前に民間確認機関や役所に「建築確認申請」を提出して審査をしてもらい
「確認済証」の交付を受けなければなりません。

通常は建築士が建築主の代理人となり申請をするので建築士事務所などにお願いすることになります。
今回は建築主である私自身が建てる事となるので建築主、設計者欄とも私の名前になりました。
妙な気分ですね。


地鎮祭
子供の頃、両親に手をつながれて家を建てる前のまだ何もない土地の真ん中で手をたたいたり、
おじぎをした経験はありませんか。
「地鎮祭」という土地の神様にお許しをもらう神道の儀式です。
昔は近所の神主さんを送迎したり、祭壇を作ったりと大変でしたが、
最近では地鎮祭専門の神社があり、祭壇からお供え物までが神社側で用意されるので
とても便利になりました。

費用も4万円前後でリーズナブルなことから「良いおもいでづくり」という意味合いで
とりおこないました。


地盤調査
地盤が緩いと建物が傾いてしまいます。
傾いた建物の中を少し歩いただけで体調を崩してしまうから不思議です。
しっかりと地盤調査をして地盤が緩ければ杭や地盤補強をしなければなりません。
折角なので調査に立ち会ってみました。

家が建つ予定の四隅と真ん中をドリルのような機械を回転させながら掘り進めます。
緩い地盤だとなんの抵抗もなくスルスル掘れ、固いと回転するだけでなかなか掘れません。
杭工事ともなると100万円近く工事がかかりますが幸いにしてこの建築地は固かったようなので
杭工事にならずに済みました。

ラッキー!!





↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック