FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上棟

基礎が終わると大工さんがやってきました。
トラックで木材が運び込まれて基礎の上に土台を敷きます。
丁度、柱を横に寝かせた状態といったところでしょうか。

数日後の大安の日、大工さんや基礎屋さんの仲間が駆けつけて一日がかりで骨組みを完成させました。
この日を上棟日といいます。

通常、大工さんは1軒の家を1~2人で造りますが、
骨組みをするには重い柱などを持ち上げなければならないので上棟日は応援を呼んで
一気に組み立ててしまうのです。

昔は上棟式が行われたものです。
上棟日の夕方、屋根まで骨組みを完成させると施主が職人さん達を労うために宴が催されました。
お酒や寿司などが振舞われ、ご祝儀が渡されると職人さん達はお返しに祝い唄を披露しました。よいしきたりでしたが最近の職人さん達は車での移動なこともあり、上棟式は行われなくなりました。




↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。