FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンは毎月きっちりやってくる。

残業が減っても、子供が大学生になっても、フリーターになってもローンの支払いは毎月やってくる。

風邪を引いて勤めを休めばその日のパート代は頂けません。
ところが住宅ローンは毎月支払わなければなりません。
たとえば3000万円を借りて家を建てた場合、月々の支払い額は約107000円です。
(変動金利2.475%、35年 ボーナス併用無し、)

一方500万円だけ借りた場合は約17800円です。
学習塾の月謝より安くなりそうですね。
35年間の長い旅、息切れしないで毎月払い続けることが出来ますか。

年齢は待ってはくれない。

大体の住宅ローンは支払い終わる年齢が80歳までという条件が付きます。
住宅ローンは最大で35年ローンが組めるのですが、
50歳だと30年、60歳だと20年までのローンを組むことになります。
35年のローンを組めば月々の支払額も少ないので不意の出費にも対応出来ます。
35年間支払い続ける人はまれで一般的にはお金を貯めて繰り上げ返済を何度かして
半分程の期間で完済してしまうようです。

ローンだけではない、固定資産税、都市計画税も払い続けます。

家を建てれば固定資産税を区や市町村に納めることになります。
木造住宅は25年で償却なので新築時から徐々に課税額が減ります。
新築住宅では軽減の特例があり、3年間に渡って固定資産税が1/3に軽減されます。
家が安くて小さければ評価額も少ないのでそれだけお得なことがいえるでしょう。

払ってみて驚く学費。

桁違いの学費、それは大学です。
入学金と初年度授業料で120~150万円、二年目から四年目まで毎年100万円かかり、
合計で450万円前後となります。
交通費、食費、雑費などを入れれば500万円住宅がもう一軒、建てられますね。

下宿や1人住まいとなると更なる出費も十分考えられます。
子供が大学生になる頃の親の年齢は45歳~60歳、まさに人生の踏ん張りどころですね。

子供の背中にペタペタと知識と経験を貼り付けて飛び立たせてあげたいなら
家に掛けるお金は少ないに越したことはありません。

金利ほど儲かる商売はない。

3000万円を借りて35年支払った場合の総支払い額は約4487万円
(変動金利2.475%、ボーナス併用無し、)
金利分だけで約1487も払っていることになります。
繰り上げ返済をすれば劇的に減りますがお金を多く借りると
後からこんなに多くの負担となってしまうことに驚きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。