fc2ブログ

記事一覧

階段の洗濯干しスペース

S-S-ペントハウスに物干しパイプ
屋上で洗濯物を干すと実によく乾く。
夏などは午前中でパリパリだ。

しかし、雨が降ってきた時の移動場所や雨の日の干し場には困ってしまう。
その解決策として、屋上に上がる階段の天井にパイプを取り付けて、
洗濯物を干かせるようにした。こうすれば雨が降ってきても、
最小限の移動距離で済むし、洗濯物もあまり濡れずに済む。

雨の日はこの階段の天井に干せば部屋の暖められた空気が上昇して、
家で一番高いこの場所に暖気が集まり、
乾きも早くなるのだ。階段という、

上下移動のためだけにしか使われない空間を活用できて一石二鳥の効果もあり、
クライアントの家に屋上を造るときはいつもそうしている。
今回もパイプを取り付けた



S-S-スノコ
取り付けながら洗濯物を吊るす動作をしてみたのだが、
吹き抜け部分に状態を仰け反らせないといけないので危険だ。

頻繁に使う場所でもあるので、
足元と上体を安定させるために床を格子状の踏み込み板と落下防止の手摺を急遽お願いした。
これで安心して洗濯物が干せるようになりそうだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自分サイズのフラットハウス

60歳だからこそ家を建てる。住んだ日から人生が前向きで明るくハッピーに花開いてゆくコンパクトな60(ロクマル)ハウスと以前にチャレンジした500万円住宅のお話

shige 500

Author:shige 500



アトリエシゲ一級建築士事務所代表
建築家:湯山シゲユキ

http://atshige.com/

最新トラックバック